くろかわさんのメモ

くろかわさんがやっつけたイロイロのメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMOBILE H11TをLinuxで使う(Bluetooth編)

USB接続はあっさりうまくいったので、続いてはBluetoothで接続してみた。
/etc/bluetooth/rfcomm.confに多少工夫が必要だったけど、下記の設定でうまくいきました。
ポイントはchannel 8かな。channel 1だと
 Connection refused
と表示され接続できませんでした。

rfcomm0 {
bind yes;
device xx:xx:xx:xx:xx:xx;
channel 8;
}

その他の設定詳細はEMONEでBluetooth接続ダイヤルアップ(Linux)を参照してください。

追記
 接続に使用する Channel は sdptool browse で確認するんだった。すっかり忘れてたのでメモ。

追記2
 金曜日の16時くらいに充電完了後、Bluetooth接続を待ち受け状態にして、月曜日の12:00現在電池3本フル状態。その間に合計40分くらいは通信したかなぁ。
 Bluetooth接続を待ち受け状態にしておいても、そんなに電池がモリモリ減るって訳じゃないんだね。これなら、Bluetooth接続を待ち受けのまま使っててもいいかもしれない。
スポンサーサイト

EMOBILE H11TをLinuxで使う(速報)

早速契約してきました。
SIMは今までEM ONEで使ってた赤SIMに交換。

LinuxではUSB ACM deviceで認識。特にドライバに細工をする必要は無いみたい。
そのままUSB接続でダイヤルアップできることを確認しました。
この手のデバイスだと今までで一番簡単に接続できたなぁ。

NOKIA N800からもBluetooth経由であっさり接続完了。

その他気が付いたことは続きで書いておく
【“EMOBILE H11TをLinuxで使う(速報)”の続きを読む】

Monitor Audio Radius 90とD級アンプたち

スピーカを新調したので、手元のD級アンプたちで聞き比べてみた。

聞き比べたのは
・Tripath TA2020-020を使用したキット(若松通商で購入)
・TI TPA3120D2を使用したキットDAMP-3120(共立エレショップで購入)
・YAMAHA YDA138(D-3)を使用した鎌ベイアンプの改造版
の3種類
【“Monitor Audio Radius 90とD級アンプたち”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。