くろかわさんのメモ

くろかわさんがやっつけたイロイロのメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOKIA N800を買ってみた

 NOKIA N800ってのは、CPUにOMAPのARM11+DSP、4.1インチWVGA(800x480)の液晶画面、無線LAN(11b/g)、BLUETOOTHを備えたPDAってヤツ。実は11月末に次世代機種N810が発売されるらしいんだけど、その余波か海外からの送料込みで3万円程度で入手できるようになったのです。なので買ってみた。

 購入はexpansysから。個人輸入扱いになるらしい。送料込みで31130ってところ。Paypalで支払いをした。いまならもうちょっと安くなってるみたい。(11/21現在で30270)
 次世代機種のN810の予価が6万円弱ってところらしいから、GPSや引き出し型のキーボードが必要ないならば、安くてSDスロットが2つ使えるN800を選ぶのも悪くないと思うよ。N810に搭載予定のOS2008(N800はOS2007搭載)もN810発売後にN800用も提供予定らしいからね。

 N800のポイントはOSがLinuxで、GTKベースのHILDONってUIが使われているところ。SDKも公開されていて、簡単に開発&動作確認ができるってあたりが魅力かな?SDKはVMWAREイメージもあるので、開発専用のPC環境を作らなくてもいいのがポイントだね。

 CPUはOMAP2420のARM11コア330MHz。EMONEなどのPXA270のARM9コア520MHzなどと比べて遅いって感じはないな。OSがLinuxからなのか、ARM11コアが効いているのかはよくわからない。また、OMAP2420にはC55x系の固定小数点演算用DSPも搭載されているから、マルチメディア系のアクセラレートもしてるのかもしれない。DSPを使った開発もできるみたいだから、時間と気力が取れたらこのあたりも見てみたいな。

 ストレージは内蔵フラッシュが256MB。購入後使用可能領域は140MBくらいだったと思う。またSDHCカード対応のSDスロットが2つ搭載されているんだけど、2つの使い分けが変わってる。一つのスロットは背面のパネルを空けた場所、充電電池の横あたりに用意されていて、スワップファイルを作成したり、頻繁に入れ替えないデータを保存するのに適している。もう一つは外部にスロットがあるので、音楽や動画なんかのデータを入れておくのによいね。
 どちらのスロットもN800をUSBケーブルでPCに接続したときには、PCにはUSBメモリとして見える。N800自体がSDカードリーダになる感じだね。

 SDHC対応ってことで、安物のA-DATAのSDHC Class6のカードを2枚買ってみた。容量は4GBと8GB。どちらも問題なく認識した。容量がありすぎてどう使っていいかわからないくらいだけどね。

 とりあえず、届いてすぐ触ってみた感じはこんなもん。
 今後は、日本語化とか、SDカードにrootを置いたりとか、DLNAクライアントを入れてみる予定。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。