くろかわさんのメモ

くろかわさんがやっつけたイロイロのメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカを買い換えたので、その過程をメモ

トライパス社のD級アンプIC TA2020-020を使ったアンプキットが思いのほか音がよかったので、スピーカを新調してみた。
今までのFostex 8cmフルレンジのみからどのくらい変わるか楽しみだね。
実は購入したのは2週間ほど前で、購入を考えてから1ヶ月ほど経ってます。
どんな感じで購入に至ったかメモしとく。

まずは要件定義。
どんなものが欲しいかを決めておいた。

・値段はペアで5万円くらいまで
・大きさは今と同じくらいを希望(ベッドサイドのラックに押し込んでるため)
・音の傾向はフラットがいいな。ある領域だけ飛び出たりってのはダメ。
・小さな音量でもしっかり鳴るのがいいな。余り大きな音は出さないから。



次にスピーカの候補選出。
ぐーぐる先生に色々聞いてみた。

今使ってる箱と同じくらいの小型なモノだと
・ALR JORDAN Entry Si
・QUAD L-ite
・Monitor Audio Radius 90

二周りくらい大きい中型クラスだと
・ONKYO D-152E
・KENWOOD LS-K1000

ってところか。
5万前後だと KEF iQ3/Bronze BR2とかが評判よかったけど、ベッドサイドのラックには大きすぎるからパス。
調べた感じだとEntry Siあたりが最有力かなぁ。



試聴用のCDを作成。
スピーカなんてものは、聞いて選ぶしかないから、いつも聞く曲をCDに焼いておいた。
・Art Pepper / Meets The Rhythm Section
 手持ちの音がよかったCDから数曲

・Christian McBride / Live at Tonic
 ウッドベースの音が聞きたかったのでTr.4のSonic Tonicを

・Kraftwerk / Tour de France Soundtracks
 透き通るような電子音を聞いてみたかったので数曲

・他にJamiroquaiやProdigyなどなどよく聞くヤツを数曲



試聴できる場所を探してみた。
オーディオ系のお店も色々探したんだけど、このクラスを全部試聴できそうなところは見つからなかった。その手のお店にすると、安すぎるレンジなのかなぁ。
どうやら秋葉原のヨドバシなら全部ありそうな感じ。

と、言うことで平日に用事があって休んだついでに、用事を生んだ犯人でもある友人と秋葉原に行ってみた。
平日ってこともあって空いててゆっくり試聴ができた。



ざっくりな感想
ONKYO/KENWOODは単品ではなくコンポのコーナーにしか置いてなかった。軽く聞いてみたけど、低音がボワボワしてたり、高音がキンキンしてたりで、どっちも欲しいとは思わなかった。セットのアンプが良くなかったのかもね。
QUAD/Monitor Audio/KLIPSCHなどのちょっと大きいやつも聞いてみたけど、音量を絞るとイマイチだったかな。音量を上げると大きさだけあって、低音もたくさん出てとてもいい音だね。家じゃ絶対鳴らせない低音の存在感でした。

Entry Si/QUAD L-ite/Radius 90などの小型で2万円から6万円くらいのクラスは、一箇所にまとめられててスピーカをセレクタで変えながら試聴することができた。
CDプレイヤとアンプはそれぞれDENONの7万くらいのヤツだったかな?

・QUAD L-ite
 中域に独特な癖を感じあまり好みではない。ロック好きの友人は一番気に入ってたようだ。

・Entry Si
 レンジは一番広い気がしたね。評判がいいだけはあるね。全体的にはよかったんだけど、どこか物足りない感じがした。

・Radius90
 一番のお気に入り。レンジもそんなに広くないし、低音も他の二つより出てない。だけど、一番耳障りがよくて、長く聞いていたいと思ったね。
 何度もEntry Siと切り替えながら試聴したんだけど、コイツが一番自分には合う感じだったね。

ってことでRadius90を買ってきました。

スピーカ選びって難しいね。聞いてみないと、本当に欲しいものがわからないんだもん。人によって全然好みが違うし、アンプとの相性もあるだろうからね。
これから買おうと思ってる人も、ネット上の意見だけで決めずに是非試聴してみてね。

D級アンプを使った聞き比べは次回にまとめます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。